スマホ堂通信

イヤホンジャックがないスマホとイヤホン・ヘッドホン

  • その他
  • 豆知識
  • 2023.12.07

スマホとガジェット的オーディオトレンド

スマホで音楽を聞いている人は多いと思います。 特にiPhoneはMP3プレーヤー(iPod )の流れを持つ製品で、デジタル配信と合わせてスマホが音楽再生機として利用されるのも当然の流れといえます。

そして、スマホで音楽を聞くといえばイヤホンを使うことも多いのではないでしょうか?

しかし、ここ数年でスマホのイヤホン事情は変化しつつあります。 イヤホンジャックの廃止やワイヤレスイヤホンの台頭、周辺機器の進化といったトレンドの変化です。

目次

  1. イヤホンジャック廃止
  2. ワイヤレスイヤホンの普及と高機能化
  3. 有線イヤホンを利用とこだわり化

イヤホンジャック廃止

家族から集めたスマホ。並びは、Libero 5G・Nothing Phone(1)・pixel5a・iPhone7・iPhoneSE(初)の順

このうちイヤホンジャックがあるものはPixel5aとiPhonese(初)のみ

最近、といってもトレンドとしては成熟期ですが、イヤホンジャックを搭載していないスマートホンが増加しました。

特にiPhoneではiPhone6sを最後に廃止、実に7年ほど前に廃止しており、以降のiPhoneでは一度もイヤホンジャックは搭載されていません。

これにはワイヤレスイヤホンのAirPodsと合わせた販売戦略もありそうです。

更に、iPadでもiPadPro(三世代)やAir4、最近では無印シリーズでもiPad10では廃止となっています。

一方、Androidスマホはイヤホンジャックがある機種もありますが、廃止した機種も増えている印象です。 (逆に、新モデルでイヤホンジャックを復活させた機種もあります)

イヤホンジャックを廃止する理由としてはスリム化や防水、あるいは部品を減らす事によるコストカットが考えられます。

ワイヤレスイヤホンの普及と高機能化

イヤホンジャックが廃止されたスマートフォンが増えていく事で一気にワイヤレスイヤホンの普及が進みました。 昔(iPhone7の頃)はハンズフリーヘッドセットの延長という製品が多かったイメージですが、最近では音質の向上以外にもノイズキャンセルを始めに高機能な製品が増えています。

ノイズキャンセル

周囲の騒音を低減する機能。最近では低価格な製品にも搭載されつつ有る機能です。 仕組みとしてはプラスとマイナスを足してゼロにするイメージで、イヤホンに搭載されたマイクで周囲の環境音やノイズを取り込み、これと逆の音波を流して騒音などを打ち消して聞こえなくしてしまいます。 メリットとして集中して音楽を聴き込む事ができ、音質的にも利点になります。 一定して流れる音(エアコンや空調ファン)の音を消す事が得意で、特に集中したいときオススメです。

アンビエントサウンド(外音取り込み)機能

ノイズキャンセルとは真逆で、環境の音をイヤホンをしていても聞こえる様にする機能です。 曲とマイクで取り込んだ環境音をミックスすることでより安全に利用する事ができる事、話しかけられた時に気づきやすいというメリットがありますが、音量が大きいと効果が下がってしまいます。

※自転車や運転時の利用は避けてください

骨伝導とながら聞きイヤホン

一般的な耳栓タイプと違い耳に入れないタイプのイヤホン。周りの音が聞こえます。

一般的な耳栓タイプとは違い、耳の中に入れないイヤホンは周り音も聞こえます。

また、従来のワイヤレスイヤホンとは別のアプローチが試みられている物もあります。 骨伝導イヤホンやながら聞きイヤホンは直接耳を塞がず音楽を聞くためのアイテムとして注目されています。 周囲の音が聞こえる事と合わせて、耳にイヤホンを入れない事から耳の荒れ防止や装着時の快適さも評価されています。 個人的に注目しているイヤホンジャンルです。

有線イヤホンの利用と「こだわり」化

集めたヘッドホン「有線」式であり、イヤホンジャックがないと使えません。

イヤホンジャックが廃止されても従来の有線イヤホン(ヘッドホン)を使用したいという需要があります。
有線イヤホン製品が多く、ワイヤレスイヤホンと比較すると高音質というメリットがあるためイヤホンジャックの需要は高く、解決するための製品も登場しています。

あえて有線イヤホンを使うコネクター

上はDAC搭載のUSB-C用3.5㎜アダプタ、下はApple純正のLightning端子向け。

イヤホンジャックは一般的には3.5mm径の端子で、イヤホンジャックが廃止されたスマートフォンでは変換アダプターを利用します。 iPhoneではLightning端子を搭載したイヤホンもありましたが種類としては多くありません。 そこで変換コネクターを利用するとお気に入りのイヤホンやヘッドホンや幅広い製品を選んで使うことができます。

四極(マイク機能付き)と(サウンドのみ)三極コネクター

イヤホンジャックには使う製品によっては3極タイプと4軸タイプが存在しており、とくに4極タイプはマイク機能付きのスマホ向け有線イヤホンで使われています。 対応していない物を利用するとマイクが使えない事や音が出ない事があるため少しだけ注意する必要があります。

アダプターのUSB-DAC機能

イヤホンジャックのアダプターには多くの場合、USB-DACと言う機能が搭載されています。

これは普段、イヤホン等で聞く音楽ファイルのデジタルデータはオーディオ用のアナログ信号として変換されており、それを行う物がデジタルアナログコンバーター(DAC)と言われる機能です。

スマホの充電とデータ転送を行うコネクタを利用したイヤホンジャックアダプターも同様の変換を行っていますが、その中でも特に音楽に特化した専用機はアンプ機能や音の傾向も変わる為、オーディオマニアに支持されています。

おまけ:イヤホンとマイクの「ライン制御」

スマートフォンやオーディオ機器は入力と出力に分かれています。 スピーカー等の再生機器への接続に分配や統合(ミックス)を行う事で通話と音楽の出力を分けたり、複数の機器の音声をまとめる事もできます。

イヤホンへ複数の製品をつなぐイメージ図。今は安価に実現する製品もあります。

実用的に活用される製品として、スマホで通話しながらゲーム音声を聞くことができるミキサーやヘッドセットがありますが、市販の3.5㎜ケーブルとアダプターを組み合わせて配線するだけで自作可能なのでチャレンジして見ても面白いかもしれません。

まとめ

スマホを音楽を再生する物として見た時、単に再生するだけでも色々な形で音楽を聞く事ができます。

あまり気にした事が無かった方も一度新しい製品を試してみると面白いかもしれません。

スマホ堂でもジャックアダプタやイヤホンを販売しています!

修理や端末以外の製品も取り扱ってますよ! 是非一度お尋ねください!

公式You Tubeチャンネル

You Tubeでも豆知識やお役に立てる情報発信しています。
ぜひ、チャンネル登録よろしくお願いします!!
お修理のご予約はこちらから

新店舗OPEN情報

スマホ堂ってなにができるの?どんなところなの?

香川県の皆様、スマホ堂高松仏生山店がOPEN致しました。
徳島県でたくさんのお客様にご支持頂いており、皆様のスマホライフの困ったをお助けできればと思い直営店として香川県高松市にオープンしています。
スマホ堂ってなにができるの?どんなところなの?を御覧ください。
そしてお気軽にご来店くださいね!

店舗情報

スマホ堂徳島本店
住所:徳島県徳島市北矢三町3丁目1−78
営業時間 :11:00〜19:30
電話番号 :088-679-9671

スマホ堂徳島沖浜店
住所:徳島県徳島市沖浜2丁目8番地
営業時間 :11:00〜19:30
電話番号 :088-677-7017

スマホ堂徳島藍住店
住所:徳島県板野郡藍住町徳命字前須東49−1
営業時間 :11:00〜19:30
電話番号 :088-978-5680

スマホ堂高松仏生山店
住所:香川県高松市仏生山町甲48番地3
営業時間 :11:00〜19:30
電話番号 :087-802-8809

記事ランキング

【バッテリー充電の最適化】って❓❓

[21124 Views]
詳細をみる

【データ移行】必要なものは✎? 所要時間は?⏰ 

[13561 Views]
詳細をみる

【ストレージいっぱい】写真が撮れない‼ ←めちゃくちゃ危険です❗❗

[13185 Views]
詳細をみる

カテゴリ

アーカイブ

PAGE TOP

スマホ堂

直営店

スマホ堂 徳島本店
徳島県徳島市北矢三町3丁目1-78
営業時間 11:00〜19:30
TEL:088-679-9671

スマホ堂 徳島沖浜店
徳島県徳島市沖浜東二丁目8番地
営業時間 11:00〜19:30
TEL:088-677-7017

スマホ堂 徳島藍住店
徳島県板野郡藍住町徳命字前須東49-1
営業時間 11:00〜19:30
TEL:088-678-5680

スマホ堂 高松仏生山店
香川県高松市仏生山町甲48-3
営業時間 11:00〜19:30
TEL:087-802-8809